栃ノ心

 大相撲初場所は、西前頭3枚目の栃ノ心(30歳・ジョージア出身、春日野部屋)が初優勝しました。平幕力士の優勝は2012年夏場所の旭天鵬以来、6年ぶりの事です。

 栃ノ心は13日目まで1敗で、単独首位を死守。横綱鶴竜などが3敗する中、昨日の14日目に松鳳山を寄り切りで破って13勝を挙げ、優勝が決定。千秋楽では人気力士の遠藤を押し出しで下し、14勝1敗。堂々の幕内最高優勝で、合わせて殊勲賞と技能賞も獲得しました。

f0081443_20580167.jpg
  (写真・14日目で初優勝を決め、インタビューに応える栃ノ心。NHK大相撲中継より)

by shouichiro_sato | 2018-01-28 21:00 | スポーツ | Comments(0)  

<< 議会運営委員会 2018花嫁道中 >>