人気ブログランキング |

早く梅雨明けしてほしい

 甲信越から西日本一帯で豪雨災害が拡がっています。夜のニュースでも、明日にかけて九州北部や山陰地方、それに中部地方で大雨の恐れがありそうですから、まだまだ心配です。今回の災害の特徴は、局地的な雨でありながら、長時間にわたって降っているため、土中の水含量が多くなり、今後、少量の雨でも土砂災害の危険性が高いこと。実際、長野県岡谷市では土石流が発生している他、予想だにしていない場所での土砂崩れ、突然の河川の増水による被害が各地であり、すでに8府県で17人の死亡が確認されています。

 数日前から、気象庁はここ数年で最も土砂災害が発生しやすい状況だとして、注意を呼びかけてきていましたが、残念な結果となっています。そして、改めて自治体の緊急時の情報伝達の在りかたや避難誘導、状況を軽んじた住民の無理な行動など、多くの教訓を私たちに示しています。警戒に当たっていた消防団員にも犠牲者が出てしまいましたが、雨と泥にまみれながら、必死で救出活動をしている姿をテレビで見ていると、胸の詰まる思いがします。

 「災害時にどう対応するか」 大雨や大雪などの気象災害はもとより、地震、火災、事故、そして先般のミサイル脅威など、いつ、どこで、何が起きるかわからない世の中です。それ故に、万が一の場合に備えた危機管理は重要です。行政は常にさまざまな想定をもとに訓練を重ねておく必要があります。当然、(住民の負託を受けた)為政者は24時間休みなし。そして住民の皆さんも、災害に対する心構えをもっておくことが大切です。今は全てにおいて便利な世の中ではありますが、災害時はそうした便利さ、快適さは全く通用しません。日頃から安全な行動を心掛けるなど、「備えあれば憂いなし」です。

 それにしても、早く梅雨明けしてほしい。日本全国、カラッとした真夏の空を待っています。

by shouichiro_sato | 2006-07-20 23:54 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 秋田の誇り、「花火の季節」です 寺の境内で「西馬音内盆踊り」 >>