人気ブログランキング | 話題のタグを見る

市長・市議選挙

 24日に投票が行われた大仙市議会議員選挙は、定数28に29人が立候補した少数激戦。無所属の新人が届きませんでした。

 そして10月になると、県南地方は市長と市議会議員の選挙が目白押し。仙北市長、横手市長・同市議会議員選挙は15日が投票日。湯沢市議会と由利本荘市議会は22日、にかほ市長と同市選挙区の県議会議員は29日に投票の予定です。

 仙北市長選は現職と新人(ベテラン市議)、横手市長選が現職と元職、にかほ市長選は市議と県議の新人同士、いづれも一騎打ちの状況で、すでに激しい前哨戦が始まっています。3市議選挙も、大仙市とは違って立候補予定者が定数を4~6人上回っており、活発な政治活動が行われています。

 そこに降ってわいたように「衆議院の解散、総選挙」。10日公示、22日投票の日程は固まっており、秋田3区は各市の選挙と日程が重複。衆院選では最前線で頑張っている地域の議員や首長が、自分の選挙と重なってしまう状況だけに、複雑になってきました。

by shouichiro_sato | 2017-09-27 22:22 | 政治活動 | Comments(0)  

<< 衆議院解散 人手不足 >>