人気ブログランキング |

和牛五輪

 5年に一度の開催で、和牛のオリンピックといわれる「第11回全国和牛能力共進会」がきょう、仙台市で開幕しました。国内39道府県から513頭が出品され、11日に最高賞となる日本一が決まります。

 秋田県からは種牛の部と肉牛の部計7区に19頭が出品され、前回の長崎大会で県有種雄牛・義平福の産子が獲得した肉牛の部2位を上回る成績を目指しています。畜産関係者はもとより、県を挙げて取り組んできた努力の成果に期待しています。

by shouichiro_sato | 2017-09-07 22:56 | 産業振興 | Comments(0)  

<< 敬老会 知事の減給 >>