人気ブログランキング |

事業化方針

 秋田県内の高速道路で唯一の未着手区間となっていた東北中央自動車道の山形県との県境区間が、ようやく事業化される見通しとなりました。国の2017年度予算が成立すれば、湯沢市の上院内ICと山形県真室川町及位の主寝坂道路まで、7.2km区間が「真室川雄勝道路」として(17年度に)測量や地質調査、道路の詳細設計を開始します。国土交通省が2月28日に明らかにしました。

 県南の玄関口でありながら、高速交通体系から取り残されてきた湯沢雄勝地域にとって、ようやく光が差してきた感じで、嬉しい限りです。ただ、事業化が決まってから開通するまでは10年以上かかるとされており、さらなる事業促進を求めていきたいと思います。

by shouichiro_sato | 2017-03-02 23:07 | 秋田県 | Comments(0)  

<< 私人?公人? 禁煙の範囲 >>