人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あれから22年

 今から22年前(1995年)の1月17日早朝、阪神淡路大震災が発生しました。テレビに映し出された神戸の街ではあちらこちらで大火災の煙が上がり、高速道路は崩壊。想像を超える惨状でした。崩壊した住宅火災などにより6434人が犠牲になり、25万棟余りの住宅が全半壊しました。

 その後も国内では、2011年3月11日に東日本大震災があり、東北地方の太平洋沿岸を中心に巨大な津波などで死者・行方不明者は1万8455人、建物の全半壊は40万棟を超えています。

 昨年4月には熊本県と大分県で震度7の地震が2度の発生。50人が死亡し、2300人以上が負傷。8200棟余りが全壊、半壊の建物は3万棟、一部破損は約14万棟に及び、18万人を超える皆さんが避難するなど、大きな被害が出ています。

 「災害は忘れたころにやってくる」と言われていましたが、最近では「いつも何処かで」の災害が発生している状況です。きょうは今までの様々な出来事を思い出しました。・・・・過去の経験をしっかり活かして、万が一に備えましょう。

by shouichiro_sato | 2017-01-17 23:02 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< ハタハタ不漁 雪下し >>