人気ブログランキング | 話題のタグを見る

青学大3連覇

青学大3連覇_f0081443_23181937.jpg  箱根駅伝の復路は、箱根町芦ノ湖畔から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間109.6kmで行われ、往路優勝の青山学院大学が一度もトップを譲ることなく、11時間4分10秒で3年連続3度目の総合優勝を果たしました。  

 (写真・3連覇のゴールテープを切る青山学院大学の安藤主将。ABS秋田放送より)

 青山学院大学は出雲全日本大学選抜駅伝(10月、島根県)、全日本大学駅伝(11月、愛知県名古屋市~三重県伊勢市)に続いて「大学駅伝3冠」を達成。大会3連覇と1シーズン3冠は、箱根駅伝史上初めてのことです。

 青山学院大学は6区の山下りで、往路2位の早稲田大学との差を広げて7区(小田原~平塚、21.3km)の選手へつないだものの、終盤に思わぬ体調不良があり苦戦。しかし、8区では区間賞を獲得する走りで挽回。9、10区も安定した走りで襷をつなぎ、2位東洋大学に7分21秒の大差をつける圧勝でした。3位は早稲田大学、4位は順天堂大学、5位は神奈川大学と続いています。

 ところで、7区に日本大学は当日のエントリー変更で、石垣陽介選手(1年)が出場(テレビでは一瞬、二宮町付近で紹介されていました・・・・)。石垣選手は羽後中学校から秋田工業高校を経て、昨春に日大に入学した新人ですが、同区では20位と苦い箱根デビュー。日大は総合順位でも19位で、来年は予選会からのスタートとなりますが、きょうの経験を礎にさらに練習を積み、一層の飛躍を期待したいと思います。 

by shouichiro_sato | 2017-01-03 20:55 | スポーツ | Comments(0)  

<< 交通事故死 箱根駅伝 >>