人気ブログランキング |

知事の進退

 県議会一般質問で佐竹敬久知事は、自らの進退について「来年度の予算編成が始まるまでにははっきりさせたい」と述べ、11月末ごろまでに判断すると答弁しました。

 佐竹知事は「知事職を全うするには体力や精神力に加え、分析力や判断力が必要になる」「間もなく69歳になる。過去には脳出血で入院した」「9月議会終了後には人間ドックを予定している」などと答えています。

 知事の任期は来年の4月19日。2期目の知事選挙は無競争で当選しましたが、今回は(対抗馬の動きを見極める余裕はなく)12月議会までの2か月で決断しなければなりません。

by shouichiro_sato | 2016-09-15 22:03 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 恋人いない 100歳 >>