人気ブログランキング |

野党共闘

 参院選改選数1の32選挙区で全てに候補者を擁立した自民党に対し、民進、共産、社民、生活の野党4党が統一候補で対抗した結果は、自民が21議席、野党が11議席。3年前の前回からすると自民8減、野党9増となり、野党共闘の効果がある程度発揮されています。

 特に東北地方では、秋田を除く各選挙区で統一候補が勝利。青森は民進新人が自民現職に、岩手は無所属新人が自民新人に、山形は無所属元職が自民新人に勝利。定数が2から1となった宮城と福島では現職同士の激戦となり、ともに民進が当選しました。

 また、新潟でも無所属元職が自民現職に競り勝ち、野党共闘は北日本で成果をあげています。地方ではアベノミクスの経済効果が表れていない。JAグループが環太平洋経済連携協定(TPP)への反発から自主投票とした。東日本大震災の復興が進まないことへの不満などが自民候補への向かい風になり、統一候補に票が集まったものと思われます。

 ということは、秋田では自民党関係者が頑張ったということか。ただし、野党共闘がなければ「(元職の候補者に)前回票以上の上積みは出来なかった」というのも事実でしょう。与党からは「野合」と批判されながらも、今後も野党共闘を続けることができるかどうか・・・。次期総選挙でも試されそうですネ。

by shouichiro_sato | 2016-07-11 21:58 | 国政・時事 | Comments(0)  

<< 都知事選挙 参院選開票速報 >>