県ホッケー協会

 秋田県ホッケー協会の総会が開かれ、「JOCジュニアオリンピックカップ 第46回全日本中学生ホッケー選手権大会」の開催など、今年度の事業計画を確認しました。

 平成19年の国民体育大会が秋田県で開催されることになり、ホッケー競技の会場が羽後町と十文字町(現・横手市)に決まってから、県協会の事務局も男鹿市から羽後町に移動。国体終了後は少子化の影響もあって、3高校のにあったホッケー部も2校が休部状態。中学校とスポ少にホッケー部があるのは羽後町だけとなってしまいました。

 それでも、5~6年前からスポ少と中学校で進めてきた競技力の向上が徐々に成果を見せ始め、今年の羽後中学校は5月に栃木県日光市で開催された東日本大会で3位入賞。全国大会での活躍が期待されています。

 全日本中学生ホッケー選手権大会は8月19日に開会式。競技は20日~22日に、羽後町多目的運動広場(人工芝コート)で行われます。県協会では羽後町や羽後高校、地元のスポーツ関係者の協力をいただき、会場準備や競技運営に取り組みます。

by shouichiro_sato | 2016-06-30 22:56 | ホッケー | Comments(0)  

<< 「道の駅」オープン 大曲の花火 >>