ため池竣工

 羽後町上仙道地域にある、皿ヶ台と二ツ橋の「ため池合同竣工記念式典・祝賀会」が開かれました。

 同地域は羽後町の西部で出羽丘陵の南端にあり、高瀬川の最上流部。渓流水を取水源としているため、用水不足による水争いが絶えませんでした。そのために現状を憂う有志がため池の築造に着手し、皿ヶ台では昭和24年から3年かけ、総工費80万円で完成。二ツ橋も同じように昭和29年に築造されています。

 それから60余年が経過したため、堤体からの漏水や取水施設の破損等、経年劣化による老朽化が顕著になっていました。地元の要望を受け「県営ため池等整備事業」に採択され、皿ヶ台は平成23年から、二ツ橋は同24年から改修工事に着手。それから6年余で新たなため池として生まれ変わりました。

 皿ヶ台ため池   堤高10.7m  堤長57.0m  
          受益面積35.3ha (貯水量 23600トン)
 二ツ橋ため池   堤高10.4m  堤長70.0m
          受益面積25.3ha (貯水量 12600トン)

 祝賀会では二つの水利組合のメンバーが、地元に伝承されている県指定無形文化財・仙道番楽を披露し、大いに盛り上がりました。

by shouichiro_sato | 2016-06-12 22:05 | 羽後町 | Comments(0)  

<< 辞職要求 義正大和尚 >>