首相遊説

 安倍晋三首相は9日、山形県内で街頭演説を行い、TPP(環太平洋経済連携協定)の早期発効をにらみ、農産物の海外輸出に打って出る「攻めの農業」を推進する考えを表明しました。首相は8日に、山梨県で地方遊説の実質的なスタートを切っており、参議院選挙に向けた本格的な論戦が始まりました。

 今回の参院選を「国民に信を問う」選挙と位置付けた安倍首相。参院選の行方を左右する改選一人区を中心に全国を駆け巡るようです。もちろん、その背景には自民党が独自に行っている世論調査で、当落線上で競り合っている選挙区が対象?・・・との声も。

 ところで、首相は15日の午後に青森県から秋田県に入り、横手市と秋田市で街頭演説を行う予定とか。本県選挙区は(幸福実現党からも立候補が予定されていますが)自民党の現職と野党統一候補となった民進党の元議員による一騎打ちとなるだけに、自民党としては議席の死守を目指す選挙区。明後日の12日(日)には菅義偉官房長官が帰郷し、湯沢市と秋田市で講演会が予定されています。

 官房長官と首相が相次いで秋田入りする参院選。・・・秋田は注目の選挙区です。

by shouichiro_sato | 2016-06-10 22:00 | 国政・時事 | Comments(0)  

<< 義正大和尚 マニフェスト >>