人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新酒鑑評会

 独立行政法人酒類総合研究所(広島県東広島市)が18日に発表した、2015酒造年度(2015年7月~16年6月)の全国新酒鑑評会の入賞酒で、金賞受賞銘柄数の都道府県別では福島県が18銘柄と最も多く、4年連続の日本一となりました。

 福島県に次いで金賞が多かったのは、山形県と兵庫県で17銘柄。東北の他県では宮城県が15銘柄、秋田県が14銘柄、岩手県が7銘柄、青森県が6銘柄となっています。

by shouichiro_sato | 2016-05-19 23:09 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 県種苗交換会 合流撤回 >>