人気ブログランキング |

特殊詐欺

 湯沢警察署は4日、特殊詐欺被害を防止したとして、湯沢市の男性と羽後町の銀行員の男性と女性の3人に、感謝状を贈りました。被害に遭うところだったのは、ともに羽後町の80代女性と50代男性でした。

 80代の女性は市内のスーパーで携帯電話で話しながらATMを操作しており、戸惑っている様子だったとか。後ろに並んでいた男性が不審に思って電話を代わったところ、何も言わずに切れたことから、警察に通報しました。

 50代の男性は銀行の窓口で定期預金の解約を申し出たときに、高額だったために窓口係の女性が解約の理由を尋ねたところ、「携帯電話の有料コンテンツの料金を支払う」とのこと。上司の男性が特殊詐欺の恐れがあると判断し、解約を思いとどまるように説得して通報しました。

 昨年は同署管内で(1件の被害額としては県内最高となる)3000万円の特殊詐欺が発生しており、警察や市町村では住民に注意を呼び掛けていますが、こうした詐欺行為はまだまだ身近なところに潜在しているようです。

by shouichiro_sato | 2016-04-05 23:44 | 羽後町 | Comments(0)  

<< 入学式 パスポート >>