人気ブログランキング |

初競り

 全国の家畜市場のトップを切って、あきた総合家畜市場(由利本荘市)で子牛の初競りが行われ、260頭余りが上場されました。

f0081443_21145669.jpg
 (写真・出場の第1号は義平福の子牛で、競り値は80万6千円。あきた総合家畜市場)

 出場した子牛の内、人気の県有種雄牛「義平福」の子牛は71頭。全体の平均価格は昨年末の12月市場と同水準の75万円ほどですが、昨年の同期の初競りに比べて16万円以上値上がりしています。生産農家の減少にともない、子牛の頭数が減っており、この高値基調は当分続くと思われます。

 ただし、子牛を購入する肥育農家にとっては肉牛として出荷するまでに、40万円前後の経費が掛かると推察され、今後の肉牛価格の動向も心配です。高値で取引される一方で、複雑な心境を語る農家も多くおりました。

by shouichiro_sato | 2016-01-05 21:32 | 産業振興 | Comments(0)  

<< 新春祝賀会 町議選挙 >>