穏やかな日々

 赤穂浪士が吉良邸に討ち入りしたのは、今から313年前の12月14日未明。映画などによると、江戸の街には雪が降っていた模様です。

 羽後町田代も平年ならば、雪の中。3年前の12月14日には積雪が120cmを超えており、2年前も14日の一日で85cmの降雪を記録。昨年は早くから雪が降っていて、冬至の22日には積雪が121cmに達していました。

 そして、今年。当地の初雪は11月29日の朝に10cmほど降ったものの、それから天気は回復して現在の積雪は「0」。日中も穏やかで過ごし易い日々が続いています。

 天気予報では今週後半からいよいよ「雪」マークが見られますが、(備えは万全?ながら)できるだけ少ない降雪であるよう願っています。

f0081443_1935302.jpg
   (写真・穏やかな日々が続き、上到米の自宅前の田園からも雪が消えました)

by shouichiro_sato | 2015-12-14 22:10 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< 新国立競技場 330.43 >>