人気ブログランキング |

満席

 秋田へ帰るために羽田から利用した飛行機は、金曜日の午後の便であったためか満席でした。

 現在運航されている秋田空港の路線は、東京が9往復(ANA5便、JAL4便)、札幌が4往復(ANA,JAL各2便)、大阪・伊丹が6往復(ANA,JAL各3便)名古屋・中部が2往復(ANA)で、合わせて21往復。それに、月・木・土の週3回、韓国・ソウル便が運航されています。

 機種は東京便がボーイング737型(座席は150~170程度)、大阪便などは座席数50~74席のボンバルデアDHC型が主で、ともに小型機で運航便数を多くしているのが特徴です。それだけ利便性は向上していますが、座席数が少ない分だけ、時間帯によっては満席になる便が多い状況が続いています。

 ところで、羽田空港の機能が大幅に拡大し、国内線はもとより国産線の就航も増えてきて、すっかりハブ空港化しています。同じ航空会社の路線を使う場合は同じターミナルで乗継できる便利さはありますが、九州便から東北方面に乗り継ぐには、ターミナルの北端から南端まで1000m?も歩かねばなりません。それが他社便ともなれば荷物を受け取ってターミナルを移動することになり、なかなか大変です。

by shouichiro_sato | 2015-11-13 22:52 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< パリで同時テロ つえエーピー >>