人気ブログランキング |

萩しーまーと

 多品種少量の魚産地を強みに変え、地場産魚のブランド化に成功した山口県萩市の水産物直売所「萩しーまーと」を訪ねました。

 道の駅にも認定されている同直売所は平成13年に開設され、全国から公募で採用された駅長が、斬新なアイデアと行動力で多品種少量産地(萩漁港に水揚げされる魚種は約250種)の特徴を活かしたマーケティング戦略を展開。売り上げは年間約9億3千万円まで拡大し、来客数も年間約150万人までに伸びています。

 直売所が市民の台所かつ市民と観光客の交流の場として定着し、地場水産物の新たな価値形成で漁業関係者の所得向上にも貢献している状況について、運営主体である「ふるさと萩食品協同組合」の山口泉さんから、経営理念や今までの取り組み、今後の課題などについて話を聞きました。

f0081443_6243530.jpg
 (写真・鮮魚や加工品、肉、青果物などの店舗と食堂が入っている「萩しーまーと」)

by shouichiro_sato | 2015-11-10 22:51 | 産業振興 | Comments(0)  

<< МRJ 偽装肥料 >>