人気ブログランキング |

秋の宮山荘

 湯沢市秋ノ宮にある温泉宿泊施設「県営秋の宮山荘」が、11月末で休業される見込みです。東日本大震災などの影響で宿泊者数が減少して赤字が拡大し、業務継続が困難になったとして、指定管理者である「株式会社秋の宮山荘」が市や県に伝えています。

 施設は1996年に秋田県が建設し、地元の第三セクターが運営して開業。鉄筋コンクリート3階建てで、客室数は41室。大浴場や宴会場も備えていますが、売上高のピークは開業の翌年の3億9930万円で、その後は落ち込んでいました。同社は旧雄勝町長や湯沢市長が社長を務め、20011年からは経営改善を図るために民間から新社長を迎えていました。負債総額は2億9千万円と見られています。

 尚、市や県では新たな管理者を探して、従業員の雇用確保や事業の継続を図る方針です。

by shouichiro_sato | 2015-10-21 22:43 | 産業振興 | Comments(1)  

Commented by coldturkey2796 at 2015-11-02 16:57
羽後町の道の駅の行く末を見ているようだ。縁なき衆生は度し難し。

<< 南米訪問 新米 >>