人気ブログランキング |

続・新しい文化施設

 県議会予算特別委員会総括審査の2日目。県と市が協同で整備する文化施設について、私は延べ床面積が約22500平方mにもなる建物を、約13000平方mの敷地しかない現在の県民会館所在地に建設するのは無理があり、賛成できないと知事に質しました。

 これに対して佐竹知事は、「興行主など、利用する皆さんがいい場所だと希望している。この機会を逃せば県民会館の改築はできない」として、再考の余地は無いと思われる答弁に終始しました。

 総括審査の最後に登壇した元秋田市議の加賀谷議員は、「知事は秋田市長の時代に、この機会しかないとしてエリアなかいちの計画を進めた。同じことを繰り返すのか」と質問。核心を突く問いに、納得できる答弁はありませんでした。

 ただ、「現在の県民会館の場所に改築することを自民党会派は了承した」と発言する議員もいて、施設の内容と建設場所の問題は、県議会の賛否が大きく関わる状況になってきました。

by shouichiro_sato | 2015-10-06 23:29 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 一億総活躍社会 新たな文化施設 >>