人気ブログランキング |

多発する事件に思う

 山本郡の藤里小学校1年の男児が殺害、死体遺棄された事件は同じ団地に住む33歳の主婦が4日夜に逮捕され、本格的な取調べが続いています。今朝の秋田魁新報も特集記事や写真グラフまで企画して、今までに県内であった殺人事件では異例の扱いで報道しているように、県民の関心も高く、「一体何があったのか? 動機は何か?」などの真相究明に、捜査本部は一層の努力をしてほしいと思います。そして1日も早く、住民生活に平穏な日々が来ることを祈っています。

 一方、時代の寵児のようにもてはやされた投資会社「村上フアンド」の46歳の代表が昨日、東京地検特捜部に証券取引法違反(インサイダー取引)の疑いで逮捕されました。逮捕前には異例の記者会見を行い、「聞いちゃった」「儲け過ぎたから嫌われているんでしょ」などと、いつもの冗舌でまくし立てていましたが、ライブドアのホリエモンより悪質な行為だという声もあり、今後の捜査の行方が注目されます。

 先頃は山形県の農村で、早朝に隣家へ押し入った殺傷事件がありましたが、隣近所でも信頼関係が損なわれてきたり、ヒルズ族に代表される「濡れ手に粟」の金儲けがもてはやされたり、何ともおかしな世の中になってきた感じがします。情報化の進歩や高速交通体系の整備は、事件・事故をも一緒に全国に拡散し、これには地域差がない時代になりました。「所得が低くても人間関係を大切にし、少しは不便でも豊かな自然環境を活かして頑張っていこう」と格差社会を乗り切る策を思考しているときに、何とも皮肉な事件が多発しているものです。

 もう一度、社会生活のルールや経済活動の倫理が尊重されるように努める必要があります。「道徳」とか「倫理」という言葉を使うことが躊躇されるのも変ですが、このままでは大切なものがヒラヒラ落ちていくようで心配です。

by shouichiro_sato | 2006-06-06 16:39 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< チョッと気になる話です いよいよ私も、歌手デビュー? >>