人気ブログランキング |

全国最高

 総務省が17日に発表した人口推計によると、昨年10月1日現在の秋田県の人口は103万7000人。前年比1万3000人減で、減少率は1.26%。全国平均0.17%を大きく上回る状況で、前年に続き全国最高です。

 65歳以上の老年人口の割合(32.6%)が5年連続で全国最高。0~14歳の年少人口の割合(10.8%)も4年連続、全国最低。

 秋田県では、死亡者数が出生者数を上回っており、「自然減少率」は0.84%で全国最高。転居などによる「社会減少率」も0.43%で、青森県に次いで2番目に高くなっています。

 もっとも、全国の総人口は前年比21万5千人減の1億2708万3千人で、4年連続のマイナス。40道府県で減少し、増加したのは東京、沖縄、埼玉、神奈川、愛知、千葉、福岡の7都県だけ。東京への一極集中が加速しています。

by shouichiro_sato | 2015-04-18 22:44 | 秋田県 | Comments(0)  

<< 携帯落下 TV局の事情聴取 >>