人気ブログランキング |

湯沢市10周年

 平成の大合併で、湯沢市、雄勝町、稲川町、皆瀬村の1市2町1村で誕生した新しい「湯沢市」が、市制施行10周年を迎え、きょう記念式典が行われました。

 自冶の枠組みはそれぞれありますが、合併を決めた苦悩やその後の取組みなどが関係者から語られ、感慨深いひと時でした。合併後の湯沢市では旧町村の特性を活かした特色ある地域づくりが進められおり、今後の発展が期待されます。

 来賓として祝辞を述べた堀井秋田県副知事は、「地熱発電への取組み」「うどんエキスポ開催」「医療と福祉のネットワーク」「教育の充実」「秋田の玄関口としての社会資本整備」の5例を紹介して、湯沢市の取組みを高く評価していました。

 式典では市内7中学校の吹奏楽部による合同の演奏と合唱が披露され、「音楽の街」の実力に感服。子供たちの素晴らしい姿に、さらなる飛躍を感じました。

f0081443_2212165.jpg
  (写真・合唱と吹奏楽の中で、湯沢市の未来を語る5人の中学生。湯沢文化会館で)

by shouichiro_sato | 2015-03-22 22:15 | 地方自治 | Comments(0)  

<< マッサン 春分の日 >>