人気ブログランキング |

佐賀県知事選挙

 11日に投票が行われた佐賀県知事選挙は、元総務省官僚の山口祥義氏(49歳)が自民・公明両党が推薦する元武雄市長・樋渡啓祐氏(45歳)ら3人を破り初当選しました。知事選挙での与野党相乗りを除く、自民党など与党が推薦する候補の敗北は、滋賀県(昨年7月)、沖縄県(同11月)に続いて3回目です。

 滋賀県では隣接する福井県の原発再稼動問題。沖縄県では米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題。そして佐賀県では農協改革と、国政の主要な政策について地元の県民が「ノー」と言っている結果となりました。

 安倍政権の方針と異なる考えをもつ地方自治体。「一強多弱」となっている国政とは違って、力で押し通せる状況ではありません。

by shouichiro_sato | 2015-01-12 21:07 | 地方自治 | Comments(0)  

<< 県議会報告会 もちつき・みかんまき >>