人気ブログランキング |

10日後に保護

 今月15日に大館市の田代岳にタケノコ採りに出掛けたまま、行方不明になっていた女性(77歳)と長男(57歳)の親子二人が、青森県大鰐町で10日ぶりに救助されました。衰弱しているものの命に別状はないとのことで、ホッとしました。

 発見されたのは入山地点から6kmも離れた場所で、幾重にも尾根を越えていました。「二人で生きて帰る」という強い信念と、山菜(ミズ)を食べて湧水でしのいできたという生命力。無事で何よりでした。

 今年は5月以降に雨が少なかったこともあり、タケノコなどの山菜は不作で、普段よりも山の奥に入ることが多いとか。そのために遭難事故も多発していますから、十分に注意してください。

by shouichiro_sato | 2014-06-25 21:36 | 事件・事故 | Comments(0)  

<< パワハラ 雹が降る >>