人気ブログランキング |

コメ産地偽装

 福井県にある北陸地方最大規模の米卸業者が、産地を偽装したコメや中国産のコメが混じったコメを国産米として販売していた疑いが強まり、18日に京都府警と福井県警の家宅捜査を受けたことが分かりました。

 京都新聞によると、今年3月、中国産米を数十パーセント混ぜたコメを「国産米」と表示した袋に詰め、卸売りや通信販売で産地を偽装した疑いがもたれています。

 1月に府警に寄せられた情報をもとに同社のコメを鑑定したところ、「単一原料米・滋賀県産コシヒカリ」「複数原料米・国内産」などと表示された袋に、中国産米が混じっていたことが判明。「コシヒカリ」と表示された袋からも、別品種が検出されており、表示の国内産地と違う国産米の混入も疑われています。

 同社は2005年6月にも、中国産米や別の種類の国産米を混ぜたコメを「コシヒカリ100%」と表示して販売したとして、農林水産省からJIS法に基づく業務改善命令を受けていました。

 全くもって悪質な、卸業者ですネ。この際は入手ルートなど、徹底した解明をしてください。


 《 続報・コールセンター 》 

 DIOジャパン(本社・東京)が、全国各地で緊急雇用創出事業の助成を受けて起業した子会社(コールセンター)で、解雇通告や給与の未払い、事業の縮小・閉鎖する出来事が続いています。

 福島県や岩手県にある数ヶ所のコールセンターに続いて、昨日は岐阜県美濃加茂市と愛媛県西予市のコールセンターが6月末に閉鎖される方針であることが分かりました。どのコールセンターにもオペレーター育成料や賃借料として、1億円以上の業務委託料が支払われています。

 東日本大震災後に設立されたコールセンターは、東北地方を中心に全国で16ヵ所以上。支払われた「コールセンターオペレーター人材育成事業」業務委託料は、福島県いわき市の7億5000万円など、総額で30億円を超えているものと思われます。

 羽後町では5月に、業務委託料の残額1000万円ほどを同社現地法人に支出しており、資金繰りに困ることはないはずですが、4月以降の給与が未払いになっています。(追記・6月11日の報道後に一人当たり2万円の支払いがありました)

 子会社が(進出した)自治体から、業務委託料を受け取ることができるのは約1年間。同社は2011年から2年程の間に次々と起業し、業務委託料の対象期限を境にして、解雇通告や給与遅配・未払いを起こしていました。何となく、助成金目当ての「自転車?操業」に思えてなりません。

by shouichiro_sato | 2014-06-18 21:02 | 事件・事故 | Comments(1)  

Commented at 2014-06-20 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 一般質問 未婚の理由 >>