人気ブログランキング |

総括審査

 2日間の日程で始まった県議会予算特別委員会の総括審査では、16人の議員が佐竹知事ら県当局に質問します。初日のきょうは、8議員が少子化対策や中小企業振興条例、防災対策、観光振興などの問題を取り上げました。

 注目されたのは県外からの移住対策と中小企業の融資に対する保証料補助金の引下げ。人口減少が続く中で、県外からの移住を促進するために独自のアイデアを求める意見に対して、佐竹知事は「金持ちに来て欲しい」と本音?を暴露。そんな虫のいい話があるわけでもなく、失笑がもれました。

 一方、中小企業振興条例を提案しながら保証料の補助を引き下げることについて、「今までは破格の対応であり、この機会にリセットしたい」という佐竹知事の答弁に、質問した議員も反発。段階的な手法をとるなど、柔軟な対応を求めました。

 明日は、国の農政の転換を受けて「農業の構造改革に不退転の決意で望む」と表明した佐竹知事に、私も具体的な戦略や今後の秋田県農業の方向について質問することになっています。

by shouichiro_sato | 2014-03-17 21:53 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 「我慢の世界」 草食化する男 >>