園芸メガ団地

 秋田県は2014年度、能代(ネギ)、男鹿(キク)、大仙(トマト)の3市に、大規模園芸団地(メガ団地)の整備に取組みます。各団地で年間販売額1億円以上を目指す計画です。

 コメに依存している県農業からの脱却を図ろうとするもので、17年度までに園芸振興をリードする団地を8ヶ所整備する計画の第一弾。15年度には秋田市(ダリア、ネギ)、由利本荘市(リンドウ)、にかほ市(キク)、横手市(ホウレンソウ、トマトなど)で5団地の着工を予定しています。

 すでに横手市平鹿町では大規模なハウス団地が実績を挙げており、メガ団地構想のモデルとなりました。既存の農業生産法人や実績のある認定農業者が、それぞれの中核となっていますので、是非とも成果のある事業になってもらいたいと願っています。

by shouichiro_sato | 2014-01-29 21:22 | 産業振興 | Comments(0)  

<< 万能細胞 お悔やみ >>