人気ブログランキング |

立切試合

 今年で35回目となる男子の「3時間立切試合」、15回目となる女子の「2時間立切試合」がきょう湯沢市総合体育館で行われ、気迫のこもった剣士の熱戦に感動しました。主催は湯沢市雄勝郡剣道連盟(会長・前田貞一さん)。

f0081443_2094278.jpg
  (写真・開会式に臨む基立に指名された男子4人、女子2人の選手の皆さん)

f0081443_20205869.jpg 参加したのは秋田県内と福島、岩手、宮城、山形、神奈川、滋賀の各県からの男子33人と女子22人。試合時間は5分ながら、基立選手に挑戦者が休み無く挑んでいく、過酷な試合の連続です。それでも、剣士・剣友にとっては切磋琢磨、修業の場であり、熱気にあふれる3時間でした。

 (写真・会場には6面の試合場があり、それぞれの基立選手に挑戦者が果敢に挑みます)

 残すところ5人ほどとなった終盤戦では、基立選手もフラフラ。挑戦者が果敢に攻め込み、気合を入れる場面もあり、場内からは「頑張れ!」の大声援。無事に立切った選手には仲間や家族が駆け寄り、激闘を讃えていました。(私も感激して、目頭が熱くなりました)

 「剣道は楽しく、魅力的なものである」ということを、体感してきました。

by shouichiro_sato | 2014-01-19 20:32 | スポーツ | Comments(0)  

<< 観光振興 緑白綬有功章 >>