人気ブログランキング |

決算特別委員会

 平成24年度の決算を審査する「決算特別委員会」(委員長・柴田正敏議員ほか、14名で構成)はきょう、知事ら各部局長が出席して総括審査を行い、実質的な審議を終了しました。

 総括審査は各会派に割り当てられた時間内で、各議員が知事らと一問一答方式で質疑を行なうもの。私も新みらい会派のメンバーとして、15分の質問をしています。

 質問の要旨は、①決算に対する基本的な考え方について(次年度以降にどう反映させるか)
②行政組織のあり方について(スポーツ振興の体制、交通政策の進め方)の2点。

 新エネルギー導入、試験研究事業、緊急雇用対策など、24年度の県政の重点施策について、継続して取組む必要性を質しました。

 また、スポーツ振興が教育庁から知事部局に集約されたことにより、高校など学校体育の競技力が低下してきたのではないか。バスや鉄道など生活圏の公共交通を確保する政策は、建設部で道路などとともに一体的に推進するべきではないか等、24年度に新設された「観光、文化、スポーツ部」の所掌事務の内容に対して、意見を述べました。

 決算についての特別委員会の討論・採決は、12月4日に行われる予定です。

by shouichiro_sato | 2013-11-25 22:34 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 日本型直接支払い 首都圏羽後町会 >>