人気ブログランキング |

過疎化問題

 北海道・東北六県議会議員研究交流大会が札幌市できょう開かれ、事例発表と意見交換、視察が行われました。

 私が参加した分科会は「過疎 集落の危機」。岩手県、山形県、北海道の各議員が現状や対策を報告していますが、座長の大野剛志氏(旭川大学福祉保健学部准教授)がまとめた共通する課題は次の通りです。

 ・地域のグランドデザインをどう構築できるか
 ・地域の「個性」「魅力」をいかに見出すか
 ・地域の雇用の場、若者の雇用の受け皿をいかにつくるか
 ・多様な主体との連携・協働をいかにつくるか
 ・地域の担い手をいかに育てるか
 ・地域再生のための運営したい・組織体制をいかに構築できるか
 ・基礎自治体・広域自治体、政治の役割はなにか

 過疎化は全ての地方で進行している問題であり、特に北海道では、市部と郡部の人口格差が顕著で、深刻な状況でした。北海道の179市町村中、人口3000人未満の自治体は24町村。過疎市町村は79.9%の143町村となっています。

by shouichiro_sato | 2013-08-28 23:56 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 被害想定 東成瀬村 >>