人気ブログランキング |

6次産業化

 湯沢雄勝地域で農畜産物の加工・販売を行っている方々と佐竹敬久知事との意見交換会が開かれ、傍聴してきました。

 出席して意見を述べたのは、佐藤弘さん(羽後町・羽後和牛佐藤)、谷藤トモ子さん(東成瀬村・農事組合法人なるせ加工研究会)、佐々木くに子さん(羽後町・明通チーズ工房)、藤原諭さん(湯沢市・農産物直売所菜菜こまち利用者会)、菅忠一郎さん(湯沢市・農業生産法人株式会社相川ファーム)、佐藤久美さん(羽後町・農事組合法人こまち野)、猪岡専一さん(羽後町・農業生産法人株式会社そば研)の7人。

 「作ることはできるが、販売力が足りない」「今までは生産するのは農家で、売るのはJAだったが、今は自分たちで売らなければならない」「加工所はできたが、事業として成り立たせるのは至難だ」などの声があり、佐竹知事は「6次産業化は競争の世界であり、リスクも大きい。行政もそうしたところを支援したい」と答えていました。

f0081443_11265986.jpg
  (写真・加工品を紹介しながら意見交換。羽後町三輪の交流施設「美里音」で)

by shouichiro_sato | 2013-07-12 23:02 | 産業振興 | Comments(0)  

<< スポ少ホッケー交流会 視察調査 >>