残念至極

 ブラジルで開かれているサッカーのコンフェデレーションカップで、日本代表はイタリアに4-3で敗れ、1次リーグ敗退が決まりました。

 16日の初戦で王者・ブラジルに3-0で完敗した日本に対して、テレビでは「イタリアからはまず1点を取ってほしい」と解説していましたが、この試合では日本が先制し、前半は2-1でリード。

 しかし、後半には逆転され、追いつくことはできませんでした。今ひとつ、決定力に欠ける感じを持った日本代表。この経験を糧にして、来年のW杯までにはさらに力をつけてもらいたいものです。

by shouichiro_sato | 2013-06-20 23:47 | スポーツ | Comments(0)  

<< 政策提言 後始末? >>