節分

 きょうは「節分」。集落のセンター(集会所)では神官を招いて共同で「春祈祷」を行い、各ご家庭の健康と無事をお祈りしています。そし我が家も、夜は「豆まき」をして邪気を追い払い、無病息災を願いました。

 チョッと変わったことといえば、娘がコンビニで買ってきた「恵方巻」があったこと。当地では節分に恵方巻を食べる習慣は無かったものの、今ではコンビニやスーパーの定番商品になっているとか。食べる姿勢や方角、食べ方にも作法?があるようですが、あまりに太い「巻き寿司」のため、小さくカットして家族で食べました。・・・・・これでは御利益がありませんか?

 以前は自家製の大豆を煎って撒き、その後はお供えした大豆を毎日、仕事に出る前に2~3粒食べたものですが、今では市販の「殻つき落花生」が主役。そして「恵方巻」と、商業的な催事?にすっかり乗ってしまった感じの節分です。

 ところで、83歳の母が言う当地の言い伝えには「節分の翌日(立春の)朝に雪が降ると、その後は48日も雪が降り続く」というものがあり、明日の朝が気になります。昨年はその雪が降り、2月下旬には最高積雪212cmを記録。雪消えも遅い、言い伝え通りの天候になっていました。

by shouichiro_sato | 2013-02-03 22:29 | 家族・仲間 | Comments(0)  

<< 團十郎さん逝去 5グラム >>