物価目標2%

 日銀は22日、金融政策決定会合を開き、物価上昇率を「前年比2%」とする目標の導入を決めました。物価が下がり続けるデフレからの脱却策を政府と日銀が申し合わせて推進する共同声明も議決し、「できるだけ早期に実現する」と明記しています。

 日銀はこれまで、望ましい物価上昇率を「1%がめど」と説明していましたが、金融緩和で大量の国債を購入して世の中に流れるお金の量を増やすことで、企業の設備投資や個人消費が前向きになるよう促す方針です。安倍晋三首相の主導による政策に呼応したものですが、同会合では賛成7人、反対2人でした。

 政府が「三本の矢」という財政出動と金融緩和に加え、成長戦略を軌道に乗せて財政再建を果たすことができるのか。日銀に圧力をかけただけでは済まされません。

by shouichiro_sato | 2013-01-23 23:08 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< IRIS(アイリス)2 退職手当 >>