全国スポ少ホッケー大会

 「第35回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会」は今年8月9日~12日に羽後町で開催される予定であり、1月5日に日本ホッケー協会スポ少部会と地元関係者の会議が町活性化センターで行われました。

 同交流大会が羽後町で開かれるのは8年ぶりで、前回は「平成19年秋田わか杉国体・ホッケー競技」の会場となる、町多目的運動広場(人工芝のコート)が完成した同16年8月、町制施行50周年記念事業として実施されました。今回も全国からホッケーを愛する小学生の男女、各25チームほどが参加し、保護者を含めると1000人以上の皆さんがやってきます。

 新年度は羽後ホッケースポーツ少年団(男子16人、女子12人)も経験豊富?な新しい6年生が主体で、地元開催での上位入賞をめざし、冬季間も室内の人工芝コートで練習に励んでいますから、活躍が楽しみです。


 《 カメラ・スケッチ 》

f0081443_20435915.jpg
  今年の東京箱根間往復大学駅伝競走に出場した、山梨学院大学2年・阿部竜巳選手(田代、尼沢出身)が7日羽後町役場を訪れ、大江尚征町長に大会の模様などを報告しました。羽後町出身者が箱根駅伝へ出場したのは初めて?ではないかと思いますが、さらに精進努力して、来年も箱根路での勇姿を見せてください。(役場応接室で)

by shouichiro_sato | 2013-01-07 21:02 | スポーツ | Comments(1)  

Commented by あべたつみ at 2013-01-08 17:53 x
わざわざ載せていただきありがとうございます。たまに読ませていただいて、田代の出来事をこのブログで知るようにしています。
町内の様々な方面の方々からのご支援により走れているので、これからも応援よろしくお願いします。

<< 体罰と自殺 日曜日 >>