人気ブログランキング |

自殺予防

 9月10日は世界保健機関(WHO)が定めた「世界自殺予防デー」です。自殺率が全国で最も高い秋田県では、各地で自殺防止を呼びかける街頭キャンペーンが行われました。

 去年の秋田県内の自殺者は346人で前年より12人減ったものの、人口10万人あたりの自殺者を示す自殺率は32.3と、17年連続で全国ワースト1。特に高齢者や中高年の自殺が多く、要因となっている健康や経済問題について、悩み事があったら相談するように、相談窓口などを書いたチラシを配布しています。

 そうした日である事を知ってか知らずか、きょうの夕方、松下忠洋郵政改革・金融担当大臣(73歳)が都内の自宅マンションで自殺しているのが発見されました。

 現職の閣僚が自殺したのは、安倍内閣時代の2007年に松岡利勝・農水相(当時)以来のこと。どんな理由があったのか?。大臣といえども、自ら死を選ぶほどの苦悩があったのでしょう。

by shouichiro_sato | 2012-09-10 22:43 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 警察相談の日 作業所解体 >>