人気ブログランキング |

20日ぶりに救助

 6月18日から仙北市の乳頭温泉郷付近の山にタケノコ採りに出かけたまま行方不明になっていた男性(78歳)が、きょう午前に釣り人に発見され、20日ぶりに救助されました。男性は山で2回ほど滑落して足を痛めて歩けなくなっていましたが、持参していたチョコレートやおにぎり、山菜を食べて空腹をしのいでいたということです。

 20日間も行方不明のままで無事発見されるとは、「運が良かった」と言うしかありませんが、寒さ対策や水・食べ物の確保など、78歳という高齢の男性が「生き抜いた」力も素晴らしいものです。

 尚、今年は秋田県内でタケノコ採りの遭難事故が例年より多く発生し、今も3人が行方不明になっています。

by shouichiro_sato | 2012-07-08 23:01 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 年金加入者の年収 還暦祝い >>