人気ブログランキング |

ロンドンへ

 日本体操協会はロンドン五輪の新体操団体日本代表のメンバー6人を発表し、秋田市出身の深瀬菜月選手(18歳・神奈川県光明学園相模原高3年)らが選ばれました。秋田県からの新体操五輪代表は初めてで、ロンドン五輪に出場する県出身選手は、女子バレーボールの江畑幸子選手(22歳・日立リヴァーレ)に続いて2人目となります。

 ところで、3大会連続出場を決めた女子ホッケー「さくらジャパン」の代表メンバー16人には、秋田と縁のある選手が多数含まれています。というのは、平成19年に開催された「秋田わか杉国体」で羽後町と横手市十文字町がホッケー競技の会場になり、民泊などで滞在した選手がいるのです。5月に岐阜県で行われた五輪最終予選でも、テレビ中継から目が離せませんでした。

 さくらジャパンの壮行会はロンドンへ出発する前日、7月21日に東京都内で行われます。同チームのメンバーを応援する鹿角市からは「あきたこまち」が贈られています。

 ロンドン五輪の日本選手団は総勢300人余りですが、県出身選手や縁のある選手が出場するとなれば、応援にも力が入ります。大いに頑張ってほしいものですネ。

 ・・・・・ロンドン五輪の開幕まであと、28日です。

by shouichiro_sato | 2012-06-29 22:08 | スポーツ | Comments(0)  

<< 秋田弁の昔っこ 桑ノ木台湿原 >>