人気ブログランキング |

サービス

 14日、中国からのお客さんを案内して男鹿市で昼食をとった時の出来事です。

 場所は市文化会館前の海鮮市場にある大きな食堂。名物の丼物や定食は少々お値段が張りますが、折角の機会ですので、美味しそうなものを選んで注文しました。

 ところが店を出た後で、「(食事の内容は予算の範囲で仕方ない?としても)セルフサービスはいかがなものか」との声あり。着席後のお茶や水の飲物から、食事後の食器運搬まで、「セルフでお願いします」。特別に混雑している訳でもないのに、店員が待っている窓口まで食器を運ぶのが、この店のルールでした。

 若い人が多いファーストフード店と違って、老若男女の観光客が訪れる和食の店ですから、セルフサービスは不自然でしたネ。

 一方、前夜に宿泊した秋田市で、食事後の2次会で行った川反の郷土料理店。お客さんの希望に応えて秋田民謡のサービスあり。浅野社中の若手の皆さんが秋田の民謡や踊りを披露してくれました。思いがけないサービスに、「中国にも皆さんの歌や踊りを紹介し、文化交流を進めたい」と喜んでいただきました。

 お客さんに喜んでもらえることが、サービスの基本です。観光産業を振興しようとする秋田県としては、観光地などでのサービスをチェックしてみる必要がありそうです。

by shouichiro_sato | 2012-04-16 21:35 | 産業振興 | Comments(0)  

<< サービス・Ⅱ 還暦同期会 >>