勝負

 大相撲初場所は大関・把瑠都が大関・琴奨菊を破って13連勝。2敗で追う横綱・白鵬が琴欧州に敗れたため、13日目で大関3年目にしての初優勝を決めています。

 磐石の横綱が10日目に関脇・鶴竜の気迫あふれる寄りに敗れて、波乱が始まる予感。把瑠都は12日目のきのう、新大関・稀勢の里を立会いの変化からはたき込み。白鵬は大関・日馬富士の立会いに変化する注文相撲にあえなく送り出され2敗。注目の2番のあっ気ない結末に、テレビ桟敷でため息が出ました。

 「勝負」の世界とはいえ、これではガッカリ。最近は取り組み全体に手に汗握る相撲が少なく、面白くありませんネ。 

by shouichiro_sato | 2012-01-20 21:40 | スポーツ | Comments(0)  

<< 国際交流 除雪作業 >>