人気ブログランキング | 話題のタグを見る

政権の延命?

 東日本大震災の復旧・復興のため、国の第2次補正予算が必要なことは分かりきっている事なのに、菅首相は16日開かれた衆院予算委員会で「国会提出は8月以降になる」との認識を明らかにしました。「被災自治体の復興計画を踏まえて考える。拙速は気を付けなければならない」と述べていました。

 ところが、きょう夕方に行われた記者会見では、「本当に急ぐものが提案された場合、1次補正で不十分とすれば考えなければならない」と、16日の発言を修正しました。背景には菅首相が6月22日までの通常国会の会期を延長せず、第2次補正予算などの重要案件を次の臨時国会(9月頃?)まで先送りし、政権の延命を狙っているという見方が強くなっているためです。

 6月まではまとめるとしていた、「社会保障と税の一体改革」や「TPP(環太平洋連携協定)への対応」も先送りになる模様で、何も進まない状況が続いています。

by shouichiro_sato | 2011-05-18 23:10 | 国政・時事 | Comments(0)  

<< 初夏 野焼き >>