人気ブログランキング |

工事続行不能

 東日本大震災が発生した先月11日朝、県内では大手の土木建築・鋼構造物工事会社(本社・横手市)が事業を停止し、破産手続開始申立の準備に入ったことが報じられ、地元経済界に激震が走っていました。

 60年近い歴史をもち、ピーク時の売上げは38億円余。県南の公共施設や農業関連施設などを幅広く手がけていました。横手市にHグレードの工場があり、大手ゼネコンの出先や地元ゼネコンを販路としていたほか、秋田市や仙台市にも関連会社や拠点をもっていましたが、公共工事の減少などで直近の売上げは半分以下になっていたとか。負債総額は2010年9月期時点で、16億2077万円と見込まれています。

 同社の創業者は木工建築で事業を発展させた方で、(若い時に大工修行をした)私の父や地域の大工さんたちともご縁がありました。その後は事業の拡大とともに社名や経営者が変わってきましたが、数年前から受注が減って資金繰りが困難になり、今年になってからは受注していた雄勝振興局発注の工事に、続行不能届けを出していたとのことです。

f0081443_22262842.jpg
  (写真・2月から工事がストップし、片側通行が続く羽後町役場付近の国道398号)

 尚、工事が中止されたままの現場では、いまだに片側通行が続いており、苦情が絶えません。こちらは早く工事を再開してほしいものです。工事の中断から3ヶ月も経ちながら、何の説明もない雄勝振興局の姿勢も問題です。早急に今後の見通しを示してください。

by shouichiro_sato | 2011-04-26 22:42 | 秋田県 | Comments(0)  

<< 10倍超 一ヶ月半 >>