人気ブログランキング |

連勝ストップ

 大相撲九州場所2日目。横綱・白鵬は東前頭筆頭の稀勢の里に寄り切られ、今年の春場所から続いていた連勝は「63」でストップ。昭和の大横綱・双葉山のもつ69連勝の記録を超えることはできませんでした。

 きのうの初日こそ万全の横綱相撲だったのに、きょうは焦りがあったのか。稀勢の里の厳しい攻めに慌てた様子で、終始劣勢。稀勢の里の気迫、闘志と勢いが勝った一番といえるでしょう。

 「このままいけば、中日の8日目には双葉山の記録を超えるでしょう」と語っていた昨日のテレビのアナウンサーと解説者はもちろんのこと、テレビ桟敷のファンもため息が出た一瞬でした。しかしながら、これが勝負の世界です。江戸時代の横綱・谷風と並んで史上2位となる63の白星を重ねた白鵬とともに、連勝を阻止した稀勢の里を称えましょう。

 横綱・千代の富士(九重親方)が史上3位の53連勝を達成したのは33歳の時。白鳳はまだ25歳の横綱ですから、明日からまた、新記録を目指して頑張ってほしいものです。

by shouichiro_sato | 2010-11-15 21:10 | スポーツ | Comments(0)  

<< 本音 モーニング >>