人気ブログランキング |

生まれ変わる飯沢小学校

 暖かい日が続いていたと思ったら一気に風雪模様。羽後町田代の自宅では今朝ほど4~5センチの積雪があり、外にある車も白くなっていました。やはり、まだまだ油断できません。

 さて、うれしいニュースです。魁新聞朝刊の地域面に、羽後町の旧飯沢小学校校舎を「体験型宿泊施設」に改修することが紹介されていました。百年以上の歴史がありながらも、児童数の減少でやむおえず隣の元西小学校と統合したのが昨年春。村や地域にとっては住民の活動拠点であり、さらには心のよりどころだっただけに、苦渋の決断をしていただきました。その時の約束が、学校施設はまだ新しい(平成元年建設)ので、何とかして地域に役立つ方策を考えることでした。

 町ではこうした計画を引き継ぎ、校舎を都市と農村を結ぶ交流施設として活用することとし、さまざまな農業・農山村体験ができる場所に整備する予算が先の3月定例議会で可決されました。もちろん、豊富な山の幸(山菜や鳥獣肉など)も食べることが出来ます。近くには国の重要文化財で県内で最も古い民家「鈴木家」もあり、そこに住む飯沢の皆さんは人をもてなすのが大好きな方ばかり。私も良くお世話になりましたし、まさに自然豊かな桃源郷ですから、オープンすれば新しい町のシンボルとなること間違いなし。楽しみです。

 西馬音内盆踊りや国体関連の行事など、町を訪れる人達は年々増えていますが、悩みの種は宿泊施設が少ないことでした。巨大なリゾートホテルや温泉地の真似はできませんが、まごころと素朴な田舎料理に癒されたい人もいるはずです。子供たちの歓声につつまれていた学校から、また元気な笑い声が聞こえてくることを期待しています。 

by shouichiro_sato | 2006-03-29 13:18 | 羽後町 | Comments(1)  

Commented by YM at 2006-03-30 22:08 x
私もその記事、感動しました。羽後町の皆さんが思い出を守っていくことに・・・。もう二度と手に入らないもの・・・思い出は明日への希望をきっとつないでくれます。OPENが待ち遠しい!飛んでいきます。応援します。

<< 私の3月31日 今日から、秋田県は25市町村に >>