人気ブログランキング |

ビデオ流出

 尖閣諸島の日本の領海内で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突したビデオが、昨夜からインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」で流され、衝撃が走っています。司法当局が事件の証拠品だとして一般公開をせず、国会で衆参予算委員会の理事らに限って公表していたビデオ映像は、6分50秒に編集されたものでしたが、今回の映像は6つに分かれているものの、延べ約44分でした。

 ビデオの流出で逮捕した漁船船長の釈放が適切な判断だったのか。事件の真相が注目されることになったばかりか、どういうルートでユーチューブに投稿されたのか。海上保安庁や検察当局で保管されていた映像が流出するという、政府の情報管理のあり方も問われる事態に発展しています。

 テレビのニュースを見る限りでは内部からの流出しか考えられず、中国側に配慮してきた政府の姿勢を根底から覆す、さらに大きな問題に発展しそうです。

by shouichiro_sato | 2010-11-05 23:15 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< ヒューマンクラブ 「一兵卒」 >>