人気ブログランキング |

終盤戦

 参院選の選挙運動も、残すところ2日間。マスコミの調査では民主と自民両党が競り合っている選挙区も多く、「最後のお願い」も白熱してきました。

 秋田選挙区では昨日、自民党候補の応援に小泉元首相の次男で衆議院議員の小泉進次郎氏が横手市と秋田市、それに大館市を駆け抜けて街頭演説。人気者の来秋にどこも大勢の観衆が集まり、ボルテージは最高潮でした。

 一方、民主党はきょう、前原国土交通大臣が2度目となる秋田入り。大館市、北秋田市、そして秋田市で街頭演説を行っています。あすは事業仕分けで名を挙げた民主党の人気閣僚、蓮舫行政刷新担当大臣が秋田市に来る予定で、こちらも議席の死守に総力戦です。

 ところで、我が家には先週、「選挙公報」が郵送されてきました。知事選挙等で選挙公報に原稿を提出している自分が言うのも変ですが、どうしても総花的になり、各候補とも視覚に訴えるレイアウトになっています。国政選挙は政党が中心の選挙ですから、公約も党のマニュアル通りで、候補者の個性がありません。有権者で候補者との接点がある人は一部の方でしょうから、結局は政党を選択する選挙になってしまいそうです。

 そんな目で比例代表の選挙公報を見ると、なんと、公明党と共産党のスペースには比例に立候補している候補者全員の名前と写真がありません。公明党は17人が立候補しているのに、紹介されているのは8人。共産党では18人の候補者がいながら、5人のみ。これは一体、どういうことなのでしょうか。一人600万円の供託金は政党が負担しており、政見放送や選挙公報等の枠組み(時間)をできるだけ確保し、政党への支持票を伸ばすことで本命?の当選を目指す作戦でしょうか。しかし、一生懸命に頑張っている候補者や支持者にとっては残念なことです。こうした戦法もそろそろ時代遅れであり、これでは議席の拡大も難しいでしょう。

by shouichiro_sato | 2010-07-08 21:31 | 10・参院選 | Comments(0)  

<< あやめ満開 川の駅 >>