人気ブログランキング |

追悼試合

 今月7日、試合前のノック中に突然のくも膜下出血に襲われ、37歳で亡くなった巨人の木村拓也コーチの追悼試合「巨人―広島」戦が今夜、東京ドームで行われ、木村コーチと同期生で仲の良かった谷選手が、1点を追う8回裏の一死満塁の場面で代打で登場し、「逆転満塁本塁打」。劇的な試合となりました。

 きょうは午前11時から都内のホテルで、球界関係者や巨人、広島両チームの主力選手が参加して「お別れ会」が開かれ、東京ドームの正面ゲート前には献花台も設けられました。

 両チームの選手が袖に喪章をつけて試合に臨む中、始球式では木村コーチの長男・恒希君(10歳)が故人が現役時代につけていた背番号「0」のユニホーム姿で登場し、巨人の阿部捕手にノーバンドのボールを投げると、場内にはひときわ大きな拍手。感動しながらテレビ観戦していた私も、「何とか巨人に勝ってもらいたい」と祈っていました。

 試合は投手戦の緊迫した雰囲気から、後半に広島が逆転に成功したものの、土壇場で巨人の打撃が爆発。これぞ、野球の醍醐味を味わえる素晴らしい追悼試合になりました。

 ウイニングボールは谷選手から恒希君に渡され、私も嬉しくなりました。

by shouichiro_sato | 2010-04-24 23:27 | スポーツ | Comments(0)  

<< 雪囲い 高額給与 >>