人気ブログランキング | 話題のタグを見る

選抜高校野球

 5-5で迎えた延長12回。先攻の興南(沖縄県)が怒涛の攻めでイッキに5点を追加し、日大三(東京都)を振り切り、初優勝。熱戦が続いた第82回選抜高校野球大会の締めくくりにふさわしい、素晴らしいゲームでした。

 興南はきのうの準決勝で、昨年秋の明治神宮大会を制した大垣日大(岐阜県)に10-0で大勝。大会屈指の左腕・島袋投手の安定した投球とともに打線も爆発していました。準決勝までの4試合で挙げた26点に対して失点はわずか3点とは、投打がかみ合ったチームの証左。きょうの決勝戦でも、前半は日大三にリードされるものの、後半から延長になってから慌てることなく守りきり、相手エラーのチャンスを逃さず、快勝です。

 優勝インタビューで興南・我如古主将は「沖縄の皆さんの声援で優勝することが出来た」。甲子園球場のスタンドはもとより、沖縄県内は大いに盛り上がったことでしょう。軽快な太鼓や指笛のリズムが伝わってきて、私も目頭が熱くなりました。

 それにしても、一生懸命に、全力でガンバル高校球児には感動します。全国から選ばれて出場できる幸せと、さらには勝利する喜び。試合には勝負はあっても、出場した選手諸君にはこの経験を活かしてさらに大きく成長してもらいたいものです。

 ところで、昨年秋の東北大会を制した秋田商業は、残念ながら1回戦で北照(北海道)に2-0で敗れてしまいましたが、悔しさを夏に向けてのエネルギーにし、「今度こそ」雪辱を果たしてほしいもの。優勝した興南とて、昨年の選抜と夏の甲子園に連続出場しながらも、初戦敗退だったのですから・・・・、「頑張れ、秋田商業」。

by shouichiro_sato | 2010-04-03 23:08 | スポーツ | Comments(0)  

<< NHKのど自慢 交通安全講習 >>