人気ブログランキング | 話題のタグを見る

澤井先生、ありがとうございました

 今春、秋田大学教育文化学部教授の澤井セイ子先生がご退職されるということで、記念の最終講義とパーテーが18日に開かれました。先生は秋田での教員生活の傍ら、様々な地域活動を通じて、秋田の男女共生推進の先駆者としてご活躍されましたが、私にとっては妻の万里子が独身時代に取材で出会って以来、先生とのお付き合いがありましたので、喜んで出席しました。

 大学3号館ー145教室での講義では、「生活研究としての家政学の立論」と題して、家政学に興味・関心を抱くようになったのはアメリカでの体験と勉強だったと紹介された後、今後の新しい方向性として、「不確かさと変化に対しての創造的な適応などについての研究・教育が必要だ」と述べ、家政学イコール家事・裁縫(技術)ではなくなったことを強調されました。現在も国際家政学会理事、アジア地区家政学会長を務められるなど、得意の英語を活かしてご活躍されている様子がうかがえ、充実した授業でした。秋田から世界に情報発信を続けていただいていることにも感謝したいと思います。

 男女共生=市民共生とおっしゃる先生の意志を尊重されたパーテーは、来賓や肩書きもなく、くじ引きで席を決め、参加者が同じテーブルに着けるように工夫され、谷京子さんの素敵な司会進行や門間幸子さんの楽しいナレーション付きの「思い出アルバム」企画などもあり、あっという間の3時間。アメリカの友人が先生に送ってくれたという今宵のためのドレスも素晴らしくお似合いで、楽しい会となりました。北海道や兵庫県など遠くからも多くの教え子が駆けつけており、先生も感激の様子。秋田の女性たち、いや男性にも蒔いた「澤井のタネ」は、これからどんどん成長することでしょう。私も水をやったりしながらお手伝いさせていただきます。

 充実したひとときを創ってくださった長沼誠子先生を始めとする実行委員の皆様にも感謝申し上げます。

by shouichiro_sato | 2006-03-19 09:30 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< ハラハラしながら見てました 「後援会拡大幹事会」を開催 >>